プロ並の同人誌の表紙を作ろう【各印刷所で資料請求しよう】

校正が簡単

デザイナー

導入後の費用が安価

製造に携わっている会社では、生産品が製品規格に適合しているかどうかについては、できるかぎり客観的な検査機器を使用して判定することが通例になっています。人の目で判定するということは、不確かさの要素が高まり、客観性に欠けることがあるため、商取引をする上では、優先的に使用されることが多くなっているのです。色に関しての規格が適合しているかどうかを計測する機器としては、色彩色差計が用いられることが一般的で、色差という数値規格を設定し、判定します。色彩色差計は、一般的な検査機器が決められた間隔で、正確性を保つための校正を行う必要がある中で、簡単な毎日の校正のみで対応することができるようになっています。業者に校正依頼した場合、数万円単位の料金が発生することが通例であることを考えると、ランニングコストのかからない機種といえます。色彩色差計は、自社で校正するためのツールとして、標準白板を準備しておけばよく、その白板の管理をすることで代用できるようになっています。停電などが発生したとしても、その正確性は白板で確認できるという点も、臨機応変に対応できる要因になっています。また、色彩色差計は、計測データを画面上で確認できることから、データを紙に残す必要がなく、パソコン等につなげることで記録を転記する必要がなく、人為的なミスも防ぐことができます。卓上型から携帯型まで、状況に合わせて選択できる点も色彩色差計の利点として挙げることができます。