プロ並の同人誌の表紙を作ろう【各印刷所で資料請求しよう】

色の品質管理

印刷

色の管理方法

人間の目が認識できる範囲の光を可視光線といい、人間の目はこの範囲の光の波長の違いを色の違いとして認識しています。一方、そうして「見える」光を再現性を持った表現で他者と共有する事は困難なことです。その理由は大きく2つあります。1つ目の理由は対象物を照らす光源の違いや、目の錯覚によって見え方が異なるためです。2つ目の理由は、各々の人が見た色を、他者に伝える際に感覚的で再現性の乏しい表現に頼らざるを得ないためです。こうした「色」に対する再現性を持った共通の表現方法として、色を3つの要素に分割して表現する「色彩」と言う概念があります。色彩は「色相(色合い)」「明度(明るさ)」「彩度(鮮やかさ)」の三要素からなります。「色相」は赤や青、黄色などいわゆる色あいを意味します。「明度」は色同士の比較における明るさの違いを意味し、彩度は色の鮮やかさを意味します。この3つの要素をXYZ表色系といった共通の基準を設けて数値化し、組み合わせの違いによって再現性を持たせて色を表現しているわけです。2つの対象物における微妙な色の違いのことを色差と呼び、この違いを数値化し表現するのに用いるのが色彩色差計です。人間の目は光の三原色である赤・緑・青に対応した感覚によって色を知覚していますが、色彩色差計はこの人間の目の感覚に相当するセンサーで資料を測定し直接三刺激値と呼ばれるXYZの3つの値に数値化して表現します。色彩色差計は生産部門における品質管理で活用されます。目視で製品を確認する場合、見るための条件の違いや見る人の体調など様々な要因によって評価が異なってしまう可能性があります。微妙な色の違いも再現性を持って判断できる色彩色差計を利用することは、こうしたリスクを減らし安定した品質を保つことにつながります。